Raspberry Piのアップグレードについて

今のRaspberry Pi

先日記事にしましたが、初代モデルユーザーですが、マイナーチェンジされメモリが512MBにアップしています。これはかなり大きいことで、私には256MBとでは雲泥の差に感じます。

256MBでは節約をかなりやってサーバ運用できると思いまうが、

512MBではそこまで節約しなくても色々起動しても動きます。

というか、Wordpressとかはメモリ的にはきついと思います。

そんなわけで、このRaspberry Pi B 512MB版を使用していますが、

もっとスペックのいいものがでています。

Raspberry Pi B+

Raspberry Pi2

Raspberry Pi3

性能が上なのは以上のRaspberry Piです。

Raspberry Pi B+は基本性能はあまり変わらずに、CPUクロックが高いらしいです。

あとすべてに当てはまりますが、USBポートが2ポート増えて4ポートあります。

これも初代の2ポートユーザーからはよく見えます。電力が持つならですが。

Raspberry Pi2はCPUコア数が増え、メモリも1GBになっており劇的に性能アップしています。

さらにRaspberry Pi3はクロックも1.2GHzで64bit対応になっているそうです。

ただし、その分電力消費が上がるらしいですが、毎月50円が100円になる程度の世界らしいので、ほかの機器に比べたら大したことないと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)



レクタングル(大)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする