洗濯機の修理のこと

故障

機種は日立のビートウォッシュ。BW-7GVです。

故障はもう随分前からでした。多分1年以上前から。
原因は服を熱湯に浸したことです。
洗濯機に隣の洗面台からシャワーヘッドを伸ばして75度のお湯を入れていました。
目的はダニ退治です。しかし、この70度以上のお湯がモーターのグリスに良くないとネットで見ました。
これを洗面台で行っていれば壊れなかったかもしれません。

修理か買い替えか

購入金額はたまに安いものがあります。安いのは決算期か正月でしょうか。
機種はそれほどこだわりは無いですが、とりあえず日本メーカーで壊れない物。
個人的には日立、東芝、松下あたりです。
もし5万円でも、故障したものの廃棄に1万円程かかってしまいます。
廃棄料金は5000円位で、輸送料金も5000円位な感じでした。
とすると、5万+1万=6万になります。
修理は多分25000円くらいの予想です。
洗濯機の故障は吊り棒(ダンパー)、モーターorクラッチ、ベルトが主な原因のようです。
すでに吊り棒(ダンパー)は交換済みです。ヨドバシで注文して自分で交換したので2500円程度ですみました。2016/5頃実施。交換は簡単でした。

ベルトも簡単なので実施しておこうとおもいましたが、ベルトを使用しない機種でした。

修理を選択

やはり、費用での天秤をかけて決定しました。
修理の電話を日曜にして、月曜に修理日は決定。
当日朝に何時に来るか電話があるという内容でした。

修理費用はやはり2万~2.5万くらいということでした。
修理時間は1.5~2時間ほどだったようです。
結局修理費用は23544円でした。3ヶ月保証らしいです。

もっと最近の機種であれば、モーターとパルセータという回転盤が分離ができるので、修理費用は安くなるそうです。

その後

クラッチエラーが出るようになりました。

頻発するようであれば、また修理でしょうか。

次に購入するなら以下のような機種でしょうか。

とりあえず、今の7kgよりは大きい機種がいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)



レクタングル(大)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする