iPhone5s 電池交換

電池購入

交換するバッテリーはamazonで購入しました。
1700円で工具も付いて評価もまあまあなので決めました。
バッテリーを受け取った水曜日からちょうど風邪で交換できずにいました。
土曜夜にだいぶ回復したのと、子供が寝たので交換作業しました。

作業手順は検索して動画やサイトで確認しました。
作業のポイントは液晶を吸盤で外す所とバッテリーの両面テープを取るところです。
後はネジ回しですしね。

分解のコツ

液晶を外す時は吸盤をつけて外すのはかなり大変でした。
最大のコツはiPhoneを置いて行うことです。
持っていると両方を引っ張れるかと思ったのですが、無理でした。
また、液晶と基盤はフィルムケーブルでつながっているので瞬間的に力を出すと
加減が難しく引っ張りすぎてフィルムケーブルの断線になるのでNGです。

床に置いて電話スピーカー側を軸にして開くように力を入れます。
少し浮いてきたら左側にプラスチックの工具を挟み込んで閉じないようにして
てこの働きを使いつつ、吸盤を引っ張っていく感じです。

バッテリーを接着している両面テープはドライヤーで温めながら外すとありましたが、
私は失敗しました。
仕方がないので、前にNexus5の交換電池で購入したバッテリーに付属してきた
金属のヘラを使いました。
このヘラを使用して、じっくりバッテリーを剥がして行きました。

交換で外した純正バッテリーはやはり少し膨らんでいました。
交換するバッテリーに両面テープが内容に思い、家にあった両面テープで接着しました。
しかし、作業後、片付けしているとバッテリーの箱の中に入っていました。
もちろん、amazonの写真にもピンクの両面テープが写っていました。
今はもう一度分解するか悩んでいます。

戻す作業は逆順で簡単ですが、外したコネクタを接続するのに苦労するのと
上側の蓋のネジ止めに苦労する程度です。これは着磁ドライバなら楽だとは思います。
付属のドライバは着磁しませんでした。磁石をつけてみようかとも思いましたが
苦労するのは奥の1個だったので、頑張ったら出来ました。

使用してみて

全く問題ないです。
電池容量もアプリでは95%とでます。十分です。

購入した電池

一緒にケースも購入しました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)



レクタングル(大)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする