KMSホストへの認証エラー

会社でのこと

状況

Windowsのライセンスエラーになっている
マシンはVMでOSはWindows7
ライセンス認証を有効にする
前任者が用意したbatファイルを実行してもエラーになる。
エラーコードは「0xC004F015」

対処

もちろん、C004F015を検索します。
次の修正プログラムを実行とかっていうブログに到達
「やった。治りそう!」しかし、修正プログラムのリンクはエラー
リンクからKB3079821と判明
検索し、なんとか辿り着きダウンロード!
適応、「偽物かも!」の警告がでる。エラーでインストールできず。
再度検索、さっきのは32ビットのものでした。
再度64ビット版をダウンロード。インストールOK再起動必須。やはりエラー。

修正

ここで、最初から見直し。
バッチファイルに宛先のIPアドレスがありますが、
VPN接続先から使用できるように作成されていました。
つまりはNATされたアドレスになっていました。
これを社内のアドレスに修正。これを実行NG。
プロダクトキーを確認。元々実マシンに入ったものをVM化したようで、
KMSのプロダクトキーではありませんでした。
これをKMSのWindows 7 Professional FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4 に変更
再度バッチ実行。認証OKとなりました。

KMSのプロダクトキーURL

スポンサーリンク
レクタングル(大)



レクタングル(大)



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする